美健食
bikensyoku

朝食を変えれば体質も変わる

新陳代謝が活発になる春は、体質を改善する好機です。そこでアレルギーにならない体をつくる朝食メニューを紹介します。色とりどりの野菜とくだものを生のままいただくことと、ドレッシングではなく甘酢でサラダをいただくことがポイントです。

■じゃがいもとフルーツのオープンサンド

材料( 2 人分)

食パン(6枚切り)   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    4枚
蜂蜜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    大さじ4
抹茶 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    小さじ2
じゃがいも ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   中2個
干しぶどう ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      20粒
バナナ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ⅔本
ラズベリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     12個

作り方
❶じゃがいもは蒸して皮をむき、粗くつぶします。じゃがいもが熱いうちに干しぶどうを混ぜ合わせます。バナナは2㎜厚さの輪切りに切ります。
❷蜂蜜と抹茶はよく混ぜ合わせます。
❸食パンをこんがりとトーストし、②をぬります。
❹じゃがいもと干しぶどうを混ぜ合わせたものと、バナナ、ラズベリーをのせてでき上がりです。

■夏みかんと野菜の甘酢あえ

材料( 2 人分)

ブロッコリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    2房
セロリ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    6㎝
玉ねぎ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ½個
にんじん ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    6㎝
ピーマン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      1個
夏みかん(または甘夏など) ・・・・・・・・・・・・・・・   ⅓個

A 酢  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   大さじ4
A 蜂蜜  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    大さじ1強
A 水  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   大さじ2

作り方
❶ブロッコリーは粗みじんに切ります。セロリはせん切りにし、葉は食べやすい大きさにちぎります。玉ねぎはみじん切りにします。にんじんとピーマンはせん切りにします。夏みかんは皮をむいて薄皮を取り、食べやすい大きさにちぎります。
❷Aの材料を混ぜ合わせて甘酢をつくります。
❸①を器に盛りつけ、夏みかんを散らします。②の甘酢を回しかけます。

■フルーツヨーグルト

材料( 2 人分)

プレーンヨーグルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120㏄
ブルーベリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   10個
キウイフルーツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ⅔個
ミントの葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   適宜

作り方
❶キウイフルーツは皮をむき、3㎜厚さのいちょう切りにします。
❷器にプレーンヨーグルトを入れ、キウイフルーツとブルーベリー、ミントの葉をのせます。

■夏みかん

材料( 2 人分)

夏みかん(または甘夏など)・・・・・・・・・・・・・・・・  ½個

作り方
❶夏みかんは皮をむいて薄皮を取り、器に盛りつけます。

資料請求

学校見学・個別相談会

パンフレット