美・健・食

でんぷんで体の基礎をつくる

でんぷんで体の基礎をつくる

体をつくる食べものというと、肉や牛乳などを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、実際はでんぷんがもっとも重要になります。手軽にでんぷんを摂れるお焼きと白玉、そして桃の節句にちなんで甘酒の作り方を紹介します。

■あさりとふきのとうのお焼き

材料( 2 人分)

長いも ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    5㎝
ふきのとう ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1~2個
あさり(水煮缶) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  10~15個
薄力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1⅓カップ
みそ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    小さじ1
あさりの缶汁 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    大さじ2
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ⅔~1カップ
ごま油 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   適宜

作り方
❶長いもはすりおろします。ふきのとうはみじん切りにします。あさりの水煮缶は、身と缶汁とに分けておきます。
❷みそを缶汁でのばし、水を加えてよく混ぜます。
❸薄力粉と長いも、ふきのとうをボールに入れ、②を加えてよく混ぜ合わせます。
❹フライパンを中火にかけ、ごま油を引きます。¼量の③を流し入れ、半分程度火が通ったら¼量のあさりをのせ、弱火でじっくり焼きます。
❺生地に焼き色がついたら裏に返し、さっと焼きます。同じ要領で、あと3枚焼きます。

■春色の白玉だんご

材料( 2 人分)

〈抹茶だんご〉
抹茶 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    小さじ1弱
白玉粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ½カップ
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2~3
〈白いだんご〉
白玉粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ½カップ
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2~3

A 砂糖  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ½カップ
A 水  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   1カップ

桜の花の塩漬け ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3~4個

作り方
❶桜の花の塩漬けは、30~40分冷水につけて塩抜きし、水洗いして水気を取ります。
❷小鍋にAの材料を入れて中火にかけます。砂糖が溶けてぷくぷくと泡が立ってきたら、火から下ろして冷まします。
❸抹茶だんごの材料をボールに入れ、よくこねます。別のボールに白いだんごの材料を入れ、よくこねます。水は最初に全部入れてしまわずに、生地が耳たぶぐらいのかたさになるように様子を見ながら加えていくようにします。
❹鍋に湯を沸かします。③を一口大に丸めて熱湯の中に入れ、浮かんできたらさらに2~3分ゆでて冷水に取ります。だんごは遊び心を加え、大きさを変えてみましょう。
❺だんごが冷めたら器に入れて、①の桜の花の塩漬けを飾り、②のシロップをかけます。

■酒粕の甘酒

材料( 2 人分)

酒粕 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      80g
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    1カップ
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    大さじ1½
しょうが ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     少々

作り方
❶酒粕を分量の水につけてふやかします。
❷①を小鍋に入れて火にかけ、酒粕を溶かします。
❸砂糖を加えてよくかき混ぜ、器に入れます。最後にすりおろしたしょうがをのせて完成です。