美健食
bikensyoku

我が家流の漬物 ~梅を使って手軽に疲労回復~

Tsukemono

この漬物は母のアイデアもので、本当においしいです。
夏、食欲のない時に食べるとご飯もすすみ、体力がつきます。

私の家では皆、いつも楽しみに食べています。
パリパリと触感も良く、生の野菜が食べられるので、とてもヘルシーです。

簡単に作れるので、忙しい毎日でも楽々とお料理が出来ます。
器は、母の使っていたもの。
大正時代のものかもしれません。

■材料■

  • 大根:5~6センチ
  • キャベツ:2枚
  • だし昆布:1枚を半分に切っておく
  • 梅干し:5~6個

■作り方■

  1. 大根は5センチの長さのものを7ミリくらいのイチョウ切りにします。
  2. キャベツは3センチくらいの大きさに手で千切ります。
  3. 梅は種をとって、4切れくらいに切ります。
  4. だし昆布を漬物容器に合わせて切ります。
  5. 容器の底にだし昆布1枚を敷き、野菜をのせて、梅を散らします。
  6. 上にもう1枚のだし昆布をおき、重石をのせます。
  7. 2時間おいたら、即席の漬物のできあがり。適宜取り出したら、大根や梅や好みの野菜を足し、また漬けなおします。

<ポイント>

  • 塩の代わりに梅干しをつかうことで、殺菌作用もあり、食欲も増します。
  • だし昆布は風味をアップさせ、ヨウドやカルシウムも自然にとることができます。
  • 漬物にする野菜は何でもよいです。キャベツなど手で千切れるものは、手で大きく千切ったほうがおいしさが増します。
  • あまり長時間漬け込まず、2時間もしたら食卓に出すようにしましょう。

資料請求

学校見学・個別相談会

パンフレット