美健食
bikensyoku

なすのじか煮~旬の野菜を使ったメニュー②~

Nasujikani

女は楽しく美しく

ナスはアルカリ性が強く、理想的な弱アリカリ性体質をつくるのに大変役立ちます。
おいしい季節になりました。生をうすくきってサラダに合わせるのもとても良いです。

96歳まで、健康でパワフルに活躍し、人々にパワーを与えた母が大好きだったなすのお料理をご紹介します。

とろけるような、なすのじか煮は歯の弱い方にもおいしく召し上がっていただけます。

■材料■(2人分)

なす:3個
しょうが:小1カケ
だし汁(A):1/2カップ
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
三温糖:大さじ1
しょう油:大さじ2

■メイ牛山流だし汁(A)レシピ■

煮干しの頭と内臓を取り除き、材料を前日から水に浸けておくと、うま味がよく出ます。
冷蔵庫でよく冷やしておき、使う時にはこして使います。
干ししいたけ:5個
煮干し:20g

昆布:10センチ
水:400cc

■作り方■

①なすを半分に切り、皮目に5ミリぐらいの斜めの線を入れる。

②だし汁に酒、みりん、三温糖を入れて煮立てる。
しょう油を加え、しょうがの千切りを入れる。

③火を小さくして、なすの皮を上にして柔らかくなるまで煮る。

資料請求

学校見学・個別相談会

パンフレット