HOLLYWOOD FAMILY

5/21オープンキャンパスが開催されました!

5/21オープンキャンパスが開催されました!

本校の卒業生で、アメリカハリウッドで特殊メークアップアーティストとして活躍中の井高麻理さんをお迎えして、OCが行われました。お天気がよくこの日は、最高気温が31度、また7階の会場もたくさんの高校生が集まってくださり、熱気むんむん。

テーマは今話題の美女と野獣から野獣の制作。
学校側としても野獣のブルー鮮やかな洋服を揃え、赤バラも随所に飾り準備万端。
スタート2時間前から仕込みが始まりました。モデルは、美容科2年生の阿部君。
本人自ら特殊メークを体験したいという意気込み!!(えらい!!)
仕上げの部分を皆様に見せるというもの。
MARIさんがアメリカで調達したシリコンや、粘土、ひげなどなど持ってきてくださり、はじめて見る方も多く、とても珍しいメークでした。



20分程度でお話をしながらしあげ。ハリウッドにいらした理由について@@@@でした。できあがりました!!
顔はでこぼこで、「こわーい~~」の声。


みなさんの周りをあるくと、顔を触られていました。
後で聞くと、この粘土アメリカ製で、バニラの匂いでいっぱいでずっとしているとちょっと気持ち悪くなりそうとか?


高校生からもたくさんの質問が。
「一度に今まで何人の特殊メークをしたことがありますか?」に、「ゾンビ一人3人作ったのですが、特殊メークアーティスト100人以上いて映画の撮影全部で1000人くらいつくって、誰が誰だかわからなくなってしまいました。」(笑)
「どうして特殊メークにすすもうと思ったのですか?」
「ハリウッドの授業で特殊メークをして、とても面白いと思い、スペシャリストで学びました。
そこで、もっともっとやりたいと思ったのです。
そこで、21歳で渡米してアメリカの特殊メークの学校に行きました」とはあのかわいいお顔から想像もできないたくましさを感じます。

DVDでは、取材をされた番組など紹介があり、本当に憧れの存在。
終了後は、みんなで集合写真をとってプレゼント。

また好きにツーショットをとっていただきました。

その後、簡単にできる傷メークをデモストでみせてくださいました。


スポンジ紫、や黒を使い、ポンポンとたたくと打撲の状態、血のりを使い、でこぼこのファンデーションを使い開いた傷口も再現!!
あっという間にできちゃいました。

実はこの後、時間を設けて体験ブースで傷メークをしたところ大人気!!
ある人はそのまま帰って行ってしまいちょっと心配!!でも全く痛そうじゃなかった。
ランチをして、六本木ヒルズと学校の見学をして体験や相談に。
とっても盛り上がったOCでした。
次は、ハロウインのころにまた特殊メークやろうかと考えております!!
また遊びに来てね。ハリウッド!