教育環境

ハリウッド大学院大学は、21世紀のモデル都市として話題のビューティビジネスのメッカ「六本木ヒルズ」にあります。成長著しい先端企業と、200店以上の有名ブランドのショップとレストラン、映画館、高級ホテル、超高層ビルの展望台、美術館、さらに居住空間が一体となった、最もファッショナブルで、ベンチャー精神あふれる街です。
この街で送るキャンパスライフは、刺激的で先進的なものになることでしょう。

在校生の声

●たくさんの留学生仲間とネットワークを築き、将来に役立てたい。

私は中国の大学で広告企画を専攻していましたが、入学前に考えていた授業内容と違ったことから、思い切って日本に留学することにしました。
日本語学校でいろいろ調べているうちに、もともと興味があった美容の分野を目指そうと思い、ハリウッドビューティ専門学校に入学しました。

専門学校で技術の勉強をし、美容師免許やネイルの資格を取ることができたので、さらに学歴を身につけて、中国の企業でも日本の企業でもやっていけるようになりたいと思ったのが、大学院に入った理由です。
しかも社会人向けの専門職大学院ということで、勉強しながら仕事の経験も積めるという点が魅力でした。実際に今はサロンでアイリストとして働いています。今では、「あなたでないとダメ」と、私の勤務日にあわせて予約を入れてくれるお客さまもいて、実際に働いてみて初めて、お客さまに喜んでもらえる楽しさを感じることができました。

ハリウッド大学院大学は、留学生が多いので人的なネットワークを作れることも魅力です。たくさんの人と人間関係を作って、アジアのネットワークを作りたいと思っています。授業では、ゲスト講師の講義が充実しており、いろいろなお話が聞けるし、ここでも人間関係を作ることができ、とても満足しています。

入学して1カ月が経ちましたが、2年間はあっという間だと思うので、早めにプロジェクト(修士論文)のテーマを決め、将来に役立つような研究報告をしたいと考えています。

金 婷さん
ハリウッド大学院大学
ビューティビジネス研究科 1年